〒080-0029

北海道帯広市西19条南38丁目4-14

診療時間

​曜 日
9:30-13:30
15:30-18:00
14:30-16:30
-
-
第3水曜
-
-
-
​金
-
9:30-13:00
-

第3水曜日のみ開院

​休診日 水曜日、日曜日、祝日

診療科目

一般歯科、小児歯科、審美歯科、予防歯科

  • Facebookの - ホワイト丸

Copyright (C)
なつぼりデンタルクリニック.

All Rights Reserved.

​歯周病治療 Perio
menu_icon01.png

むし歯と歯周病について

menu_icon02.png

歯周病

​セルフチェック

menu_icon03.png

むし歯・歯周病

​にまつわる病気

皆さま歯周病についてどこまで知っていますか?

歯周病とは、細菌による“感染症”です!
歯と歯肉の境目の掃除が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします。
そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

​歯周病の原因とは?

虫歯は表面のエナメル質から始まりますが、エナメル質には神経が分布していません。
象牙質に進んでも表面は神経がバラバラで痛みを感じないでさらに進行します。

歯周病もサイレント・ディジーズ(音もなく忍び寄ってくる病気)と呼ばれ、
さまざまな症状が起きるのですが、徐々に進行するので、 自覚しないまま経過する場合が多いのです。

常に普段の生活習慣に気をつけ、 病気から遠い最適最善の状態に保つ心がけが大切です。

常に普段の生活習慣に気を付け、

​病気から遠い最適最善の状態に保つ心がけが大切です。

「食べかす」から始まる歯周病
毎日のブラッシング、
​生活習慣の改善で治る歯肉炎

歯周組織のうち歯肉に炎症が限局してみられる場合を歯肉炎といいます。歯肉炎となり炎症を起こした部分は、歯ブラシで強く磨く等でも出血します。歯肉炎は歯垢(しこう、プラークとも)による発症が多いですが、ホルモンの変調や、薬の副作用により起こる場合もあります。歯垢がたまりやすい環境や、除去にしにくい因子(歯石、大きなむし歯、古い詰め物や冠等)、悪化させる全身的な因子(口呼吸、血液疾患等)などにより更に進行します。

一般的に経過は慢性的に進行しますが、急に起こる場合もあります。

​歯肉炎の段階で歯科を訪れ、ブラッシング指導を受け、生活習慣改善に努めることが大切です。歯周炎予防の他、正常に治ることも期待できます。

歯肉や骨が破壊される歯周病

歯周病とは、歯垢の中の細菌によって歯肉に炎症を引き起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。歯垢は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。これはブラッシングだけでは取り除くことができません。この歯石の中や周りに更に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

​お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでおり、歯垢1mgには10億匹の細菌がいると言われております。

次のことも、歯周病を進行させる要因となります
喫煙
​不適合な冠や義歯
​(早期接触、強い側方圧など外傷性咬合を引き起こします)
​不規則な食習慣
ストレス
​全身疾患
​(糖尿病、骨粗しょう症、ホルモン異常など)
薬の長期服用

歯茎は健康な淡い紅色でひきしまっています。

歯の付け根の歯茎に歯垢が少し溜まっていますが、

​健康な歯肉は歯垢の中の細菌の毒素から、カラダを守っています。

  • 朝、口の中がネバネバする

  • 歯肉が腫れる

  • 歯肉が赤くなる

  • 歯と歯の間に隙間ができてくる

  • 歯の根っこが見えてくる

  • 膿が出る

  • 歯がグラグラする

  • 歯茎が痛い、かゆい

  • 口臭がする

  • ​歯茎から出血がある

当てはまった数が

当てはまった数が

当てはまった数が

当てはまった数が

 
 
 
 
 

歯周病と全身疾患

歯周病により脳梗塞・心筋梗塞などの原因となる動脈硬化症を悪化させたり、糖尿病が歯周病を悪化させ、歯周病が糖尿病を悪化させるという研究や報告が出てきています。関節リウマチの方が歯周炎を起こしている割合が多く、かつ歯周炎の方はリウマチの重症化がしやすくなっているといわれています。

​他にも様々な病気との関連など、詳しく研究が進められています。

女性と歯周炎

​妊娠するとホルモンバランスが崩れることにより妊娠性歯肉炎になることがあります。それが悪化すると歯周病になり、低出生体重児出産や早産を引き起こすと言われています。

​歯周病も生活習慣病の一つ

​歯周病予防はほかの病気の予防にも繋がります。

 
 
歯周再生治療 エムドゲイン

一般的な歯周病治療は進行を止め、歯肉の状態を改善することはできますが、一度失われた組織をもとの状態に戻すことはできません。

つまり、歯周病治療は成功すると腫れや出血はなくなりますが、進行した歯周病では歯はぐらぐらのままの事があります。

しかし、歯周組織再生治療により、骨を含む歯周組織の再生が可能になりました。

歯周再生療法「エムドゲイン」

エムドゲインとは、歯周組織を再生できる薬剤です。エナメルマトリックスという豚の歯杯組織から抽出したタンパク質であり、これを歯周病治療に応用する事で、歯が発生する時と同じ環境を作り出すことができます。

エムドゲインで得られる効果

歯周組織が再生することによって、次のような効果が得られます。

〇歯周ポケットが改善
〇歯槽骨が再生

※注意事項※

 

歯周病の全てのケースでエムドゲインによる再生療法が適応となるわけではありません。エムドゲインによる再生療法が適応となるのは、部分的に吸収された症例でなければなりません。歯の周りがすべて吸収された症例ですと適応外となります。

ba0117.png